情報大事典

情報大事典では、内職・求人、健康や美容のことなど役立つ情報やサイトをご紹介。
<< ギョッ(゚〇゚;) エレベーター点検中で… | メイン | そりゃないで〜( ̄^ ̄) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

| - | ↑PAGE TOP

猫をかぶるウチの猫。

我家には、猫が3匹います。
長男はロシアンブルーのドビー(約2歳)、次男アビシニアンのアビー(1歳半)、末っ子のアビシニアンのルビー(1歳)です。

うちの猫達は、なかなか抱っこさせてくれません。特にドビーは、抱きかかえるとすぐに「フニャ〜ン」と鳴き、腕から逃れようと身をよじります。
そのくせ、ケージの中では、「ニャオ〜ン、ニャオ〜ン」と甘えた声で鳴き、ケージの中に手を入れると、喉を鳴らしてこちらの手に身体をこすり付けたり、指先をペロペロ舐めてくれます。対してアビーは喉は鳴らすがあまり手に寄ってこない。
ところが、ケージの扉を開けると、猛ダッシュで飛び出して行くのがドビーで、アビーもダッシュはしますが、少し離れたところで待っててくれるんです。
コチラが近づき手を出すとその手に顔や頭をこすり付けてきます。時にはジャンプまでして頭をこすり付けようとします。相当うれしい時などは、手の平を上にして床につけると頭を乗せて寝返りをうちまくります。この行為をしてる時のアビーの顔が何ともいえない顔をしてるんです。目を細めて、ちょっと上向き加減で…まるで爺さんのような(笑)。
ルビーは、ドビーとアビーの間くらいです。ケージの中ではメチャクチャ甘えるし、ケージから出すと逃げもするし、抱かしてもくれる。

でも、やっぱり基本的には3匹とも出してもらえるまでは、甘えた声まさしく猫なで声で呼びまくり、ケージから脱出できたら、知らん顔(ーー;)。

今日の哀しみ指数…100哀。
 

| 「哀」日記 | ↑PAGE TOP

スポンサーサイト

 

| - | ↑PAGE TOP



最新エントリー

+ カテゴリー


アーカイブ
OTHERS
Google
Web venry.jugem.cc



このページの先頭へ