情報大事典

情報大事典では、内職・求人、健康や美容のことなど役立つ情報やサイトをご紹介。
<< アフィリエイトで稼ぐ必須ソフト11パックが激安サイト公開! | メイン | メールマーケティングの秘密 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

| - | ↑PAGE TOP

乳酸菌で免疫力アップ

乳酸菌を積極的に摂取することで免疫力が高まり、発がんを抑える効果に期待が集まり、研究が進んでいます。
腸内に乳酸菌が増えると、マクロファージ(細菌やウイルスなどを包んで分解する免疫細胞)が乳酸菌を捕らえて分解し、がんを攻撃するリンパ球の活性が高められ、がんに対する免疫システムが活発化するためではないかと考えられています。

また、コレステロールが腸壁から吸収される前に、腸内の乳酸菌がコレステロールを吸着し、排出するため、血液中のコレステロールの増加を防ぐこともわかっています。

乳酸菌は生活習慣病の予防に大いに期待されています。

乳酸菌などを摂ることで、ビフィズス菌などの善玉菌が増え、悪玉菌よりも優勢になれば、腸内の環境は改善されます。

つまり、腸の機能もアップし、免疫システムもスムーズに働くようになり、免疫力がアップします。

腸は消化吸収を行うだけでなく、「免疫」というシステムをコントロールする場所。

小腸の粘膜に分布する「パイエル板」という器官がその司令塔的な役割をしています。
パイエル板は、「IgA(免疫グロブリンA)」という抗体を出すことによって、
病原菌やウイルスをはじめとした異物を攻撃してくれます。

これによって、腸内の免疫力がアップするばかりか、
「ホーミング現象」と呼ばれるはたらきによって、体中の粘膜の免疫細胞にIgAを増やし、全身の免疫力もアップさせる作用もあるのです。

ところが、悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、
腸内の免疫機能がうまくはたらかなくなるばかりか、鼻や気管支などの
粘膜組織のバリア機能も弱くなり、病原菌やウイルスの侵入を許し、
さまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。
 

| 健康・美容関連 | ↑PAGE TOP

スポンサーサイト

 

| - | ↑PAGE TOP



最新エントリー

+ カテゴリー


アーカイブ
OTHERS
Google
Web venry.jugem.cc



このページの先頭へ